よく使うオブジェクトを楽に定義する方法

vbsですが、wsfにするとよく使うオブジェクトをあらかじめ定義できます。

やり方

  1. タグを書く
  2. 変数名とオブジェクトを指定する

以上です。
FSOやADODB関連など、必ず使うモノはここで書いておいて、コードもスッキリしました。

<package>
  <job id="main">
    <?job error="true" debug="true" ?>
    <object id="objFSO" progid="Scripting.FileSystemObject" />
    <object id="objXHR" progid="MSXML2.XMLHTTP" />
    <object id="objXml" progid="MSXML2.DOMDocument" />
    <object id="objStream" progid="ADODB.Stream" />
    <script language="VBScript" src="LogWriter.vbs"/>
    <script language="VBScript" src="inc/Utils.vbs"/>
    <script language="VBScript">
      Option Explicit

      msgbox "こんにちは!"
    </script>
  </job>
</package>


・参考
よく利用するジョブをスクリプトレットでコンポーネント化する
レジストリ登録して再利用もできるんですねー。


それにしてもこういう情報は全部古いですね。。
レガシーすぎる。。。